トップ

病院の薬の基本を考えよう

病院に関連する常識

予約

病院の薬の管理の仕方

病気になると病院にいき医師の診察をうけて薬を処方してもらいます。具合が悪い時はきちんと薬を飲みますが、体調がよくなってくるとつい飲み忘れたりして、部屋の残っている状態と言う人も多いです。じつは決められた期間はきちんと飲んでもし飲み残したら処分したほうがいいということです。病院にいくのが面倒だからと、以前もらったものを適当に飲んでしまうのはやめたほうがいいということです。そのためにも、クスリ手帳などできちんと管理しておいたほうがいいということです。高齢の方の場合、家族がきちんと管理していったほうがいいということです。

薬だけをもらう方法とは

同じ病気の症状が長引き、何度も病院を受診するのは仕事や学校のなどで時間がないので薬だけもらいたいと思っても、窓口で断られるのは、法律で決まっているからです。つまり受診せずに薬を渡すのは、お医者さんにとっては法律違反になります。しかし例外があり、どうしても受診出来ない事情のある人に関しては、その患者の症状を知る家族や身内が、代わりに病院を訪れて症状を伝えれば、受診なしに受け取る事が出来ます。起き上がる事が出来ない人や、高齢の方は利用できますが、一般の方は必ず受信する必要があります。どうしても時間のない方は、電話での問い合わせをして下さい。

↑PAGE TOP